2018年<10/7開催>CQ EVミニカート筑波レース秋大会
開催趣旨

 毎年秋に開催していた「CQ EVミニカート・レース」は,2018年で5年目を迎えます.そこで2018年は,5周年を記念して,夏(6月24日開催)と秋(10月7日開催)の2回,筑波サーキットでレースを行います.(どちらか1回だけの参加もOK)
「夏のレース」は,昨年までと同様の30分耐久EVレースです.同一仕様のモータ(ただしモータ・コイルの巻き方/巻き数は自由に設定可能),同一車両,同一電池で,モータ設定技術,モータ制御技術,車両整備技術の違いにより,その走行距離を競います.
「秋のレース」も,レギュレーションは春のレースとほぼ同じですが,夏のレースでは認められていないカウル(空気抵抗を減らすためのボディ)装着が認められることが異なります.秋のレースの競技規約は,4月中に発表予定です.
 2018年の二つのレースでは,走行距離がどれだけ変わるかが注目点です.流線形のカウルで,空気抵抗は減るでしょうが,カウルの分車両は重くなります.実際にどれだけ走行距離は伸びるのか? あるいは伸びないのか?
 また年々,学生チームの参加も増えています.昨年は学生チームが総合3位に入りました(第2回袖ケ浦大会でも学生チームが3位).今年は,学生チームが,総合1位を勝ち取るかも注目です.
 レース参加を目標にして,モータ技術,パワー・エレクトロニクス技術,電池制御技術,車両整備技術…を楽しみながらスキルアップしませんか.
 レース参加ではなく,観戦だけも歓迎です.





●主 催●

日本電気自動車レース協会(JEVRA)


●協 力●

株式会社ミツバ


●運 営●

CQ出版社






CQ出版の書籍

CQ出版WebShop





−主 催−
日本電気自動車レース協会(JEVRA)
−協 力−
株式会社ミツバ
−運 営−
CQ出版社

お問い合わせ 個人情報の扱い Copyright 2021 CQ Publishing Co.,Ltd. .
PAGE TOP